メンズ

統合CRMとして名を馳せるコールセンター|導入で見える明るい未来

クレジットの不正利用

男の人

チャージバックとは、クレジットカードなどの利用において、不正利用を行われたなどとして、その支払いを承認されなかった場合に発生するものです。一般に、クレジットカードなどの不正利用があった場合、そのクレジットカードの持ち主はカードの支払いに同意しなくていい場合があります。その場合、クレジットカード会社は資金の支払いを、その加盟店に対して行うことになります。そのため、チャージバックをする場合、損害を被るとは加盟店ということになります。チャージバックが起こった時に、その被害を最小限に抑えられるよう、対面での本人確認を行うなどの方法が重要となります。消費者側だけではなく、加盟店側も対策をとることが必要になります。

チャージバックが起こるタイミングは他にもあります。まず1つが、商品の未受領です。頼んだ商品が手元に届いていない場合、支払いを承認されない場合があります。この場合、対価に見合ったものを受け取っていないという理由があるため、承認されないという可能性が高くなります。2つ目が、その商品やサービスが買い手の認識していたものと著しく異なる場合です。ネットショッピングなどではあることが多いですが、あまりにも過大に表示された広告などによって、認識が違った場合にチャージバックが適用されます。このように、売り手側にもいつもリスクがあるという現状があります。その対策をとるための業者などもありますが、チャージバックが起こるかもしれないということを想定しておくことも大切です。